…!

お花見日和だったこの週末、

彼と私も彼のオフィスの近くの公園に桜を見にいってきた。

ここは都内でも人気のあるところで、私も今年も楽しみにしていた。


以前私があるプロジェクトにかかっていたときは、毎日彼と会うことができた。

帰りにデートしたり、デートしない日も私の帰りに合わせて彼に出てきてもらい、喫茶店でお茶をしてから送ってもらっていた。


そのプロジェクトはもう終わってしまい、今は彼とは毎日会うことはできなくなった。


とはいえ用があったり、時間ができたりすると彼に会いにその街にはいくけれども。


お花見の前に、彼とよく通った喫茶店にも久しぶりに寄った。

すると店員さんが次々と中からでてきて、お久しぶりです!と挨拶してくれた。

実は以前は、この喫茶店に彼との夜のお茶だけでなく、オフィスに向かう前にも私は毎朝寄っていたから。

懐かしくて、嬉しかった♡

彼はみなさんが挨拶に来てくれるのをみて

「こう、有名人じゃん。笑」

と面白がるから、照れ臭くなっちゃったりして。


店員さんからみたら、「お客様、変わらずあの彼とおつきあいされてるのね〜♪」といったところかなと思う。


けれども本当の私たちは

変わらず つきあってる、

のではない。


当たり前のように毎日

会うことができなくなり、

会えることのほうが非日常になった。

今はお互いが日常にいなくて

(パートナーはその日常にはいて)、

それが当たり前になって回っている。


私たちの関係性は以前とは変わった。


これまで、彼と私はいわゆる不倫とは違う、本気だしって思っていた。

毎日会ってお互いのことを共有できて

(朝、昼、晩と3回会える日もあった)、

想い合う時間も長くて。

(今は時間は短くなっても、想い合う強さが強くなってるのならいいな。どうかしら。)

パートナーの方よりも長く一緒にいたと思う。

また、以前記事にしたこともあるけれど、

彼が頑張ってくれているところもあって。


でも客観的に考えたら現状は

よくある不倫、なんだなぁって

なんだか冷静に考えてしまいました。

(端折ってる話もあるのでうまく伝わりませんが)


こう思うことは初めてではないし

彼とも何度も話している。

けれどもなんか今回はとても…キタ。


抱かれたあともそんなこと考えて

いつもより大人しくなってしまって。

よく気がつく彼はすぐに気づいてくれて

何も言わずにぎゅうっと抱きしめてくれた。


桜は綺麗だったし、彼もカッコよかった♡

けれども、ひっかかっちゃった…。

どうしよう。

彼になんて聞いてもらおうかな。