ほんとは不安

けれども

ことはそう簡単ではないことは

私にもわかります。

ここからが今まで以上に

苦しいのかもしれません。


これまでは彼が家庭の気配を

一切消してくれていたから、

救われていることも多くありました。

それでも悩むことも

苦しむこともありました。


これからは私よりも

奥様と今後の話し合いに

より時間や労力を割かなくては

ならない時期だってあるはずです。

経過を聞いて想像し

成り行きにヤキモキすることだって

あるでしょう。


あるいは

彼の方向が決まるまで

(叶っても、叶わなくても)

今後一切

彼と会わない

のも1つかなと考えたりもします。


本気だから。

ケジメとして。


でももし

彼が大変なときに

そばで私が笑っていることを

求めていたら…?


ちゃんと

話し合って決めたほうがよいのでしょう



頑張ろうと思う日も

身を引こうと思う日もある。


頑張りたい。でも

頑張るというのは

私たちの執着なのかも、

諦めることで

苦しまずに済む人がいるはず


世の中、手放した恋人を

ずっと心に抱いて生きてる人は

たくさんいる。


私の存在がなければ

彼とその周囲の人たちは

苦労しなくて済むのでは

ないかしら、と


でも彼のいない人生なんて…


いろいろ考えます


私たちにとって試練。

私、だめになってしまうことも

あるかもしれない。



柴咲コウ/KOH+「最 愛」 [スペシャルLive Edition]【HD】

信じて見守る

「君が1番だよ。妻には気持ちがない。

いつか離婚したい。」

口だけの男の人は嫌だなって思います。


言葉だけでなくて、

行動でも愛してることを示して欲しい。


これから先

私ができることは

彼を信じて成り行きを見守ること。

彼の大変なときに笑顔で支えること。


そしてたまにハッパをかけるだけ。


今年のお正月休み明けに

会ったときのように。


「こんな苦しい年末年始を

来年も味わうなんて嫌なの。

もし来年のお正月も不倫だったら

私たち

もうやめましょうね。」


とニコッとしておきました。


精一杯の、強がり。

幸せにしたい

(続き)

例えば、私がもう無理ってなって、

「独りになってから来て欲しいの。」

とお願いした翌日に。

目の下に酷いクマをつくって

大きな瞳を真っ赤に充血させながら。


また例えば、私のプロジェクトが終わり

この先もう毎日会うことができなくなる

という最終日に、花束を手にして。


「この先にある苦労を思っても

こうのことを幸せにしたいと思うんだ」


その日

彼はまっすぐに私の目を見つめて

話してくれました。


バイバイが惜しくて入った

閉店間際のタリーズ。

明るい店内なのに

彼も私も涙目に…。


こんな私のことを幸せにしたいと

目の前にいる、大好きな彼が

いってくれるなんて。

彼が私のことで涙を見せるなんて。


2人で

同じ将来に向かって歩き出していいの?


嬉しくて。

でも私でいいのかしらって。


でも

やっぱり

心が震えた。


ありがとう。


これまでの生き方や仕事をみていて

彼はどんなに大変でも、

すると決めたことは

必ず結果を出す人です。

尊敬しています。


私たちのことも

できれば叶えて欲しい。


けれどもお相手のある話です。

彼の一存でどうこうできることでは

ないから…


私たちの望むような結果になるとも

限らない。

それ以降

あまりこの話は口にしません。

期待しないように。