癒される

12月の話になってしまうけれど、

彼はクリスマスプレゼントを

いくつか用意してくれていて。


そのうちの1つが、あることでした。

好きなタイミングで「あること」を

体験できるチケット。


「予約したら日にちと時間を教えてね。」


と言われていたので、今月予約して

「◯日に予約させてもらいました。

ありがとうございます♡」


と報告したら、


その日は朝から車で

お迎えに来てくれました。


ふだん、都内のお出かけなら

私たちは電車で移動します。


奥様が乗る車に乗せることがないよう、

彼がわたし用にしてくれた車は

大きいドイツ車なのです。都内は

停めるところが限られてしまいます。

車で彼に連れていってもらうのは

海や温泉などにいくときだけになって

しまいました。


「この冬こうは頑張ったでしょう。

疲れているだろうから、

今日は1日リラックスして

癒されてきて欲しいんだよ。

だから車にした。」

と彼。


おかげさまで、

人混みに揉まれることもなく着きました。

早く着いたので、

タリーズで暖をとって、ミッドタウンの

隣にある公園をブラブラお散歩して。


朝は人が少ないから、至るところで

寒い〜!と抱きしめあって

キスをして。


公園内にあるスケートリンクを眺めながら、

あの人すご〜い!あの人ヘン〜!

と笑いあって。


時間がきたら

「こう、ちゃんと会場のお部屋まで

行けるかなぁ。」

と心配する彼。

「大丈夫だよ!」と私はいうのに

会場のお姉さんに引き渡すところまで

してくれました。


いつも思うのだけど、

彼は私の保護者みたい。笑

歳なんてそれほど変わらないのに

成熟していて、とても頼りになる彼。


「おわるまで、TSUTAYAで仕事してるからね。

終わったら連絡ちょうだい。」

といって、彼はバイバイして

出ていきました。


彼はベンチャー企業を友人と

経営しています。

従業員もたくさん抱えています。

時間はとても大事なはずです。

私より、彼のほうがよっぽど

働いてるから癒されてほしい。

それなのに、いつも私のために

こんなふうにしてくれます…


こうにしてあげるのが、俺の幸せなんだ。

といって。


本当にありがとう。


あることが終わったら、

私の好きな関西のおうどん屋さんが

近くにあるといって、

連れていってくれました。


それから私の行きたいところの

リクエストを叶えてくれて

都内をドライブしてきました。


お姫様気分の1日で

身体も心も癒されましたよ。

ありがとう。